調査方法は、表面波探査(物理探査)で行います。
レイリー波(表面波)速度を計測し、速度解析を行う手法です。

造成工事が終了してしまっている宅地では、現在の状況を見ただけでは
深部の状況や深部地盤の生成過程は把握できません。

ボーリング調査まどを多く行えば不可能ではありませんが、経済的ではありません。