高性能住宅FAS(ファース)の家ができるまで・・・




<外張用断熱材ファースボードの取付> 壁にエアライト断熱材を吹付ける前の状況です。
断熱ボード外張り後、さらにエアライト断熱材を
吹付けます。
ファイアーストッパー(特許取得済)は火災時に炎の
流れを食い止めるダムのような役割をします。
<エアネット>
エアライト断熱材を吹付けるための下地ネット
(特許取得済み)を貼ります。
ネット上は常に空気が流通し、この空気層が夏の暑さを
和らげると共に木材を長持ちさせます。
<スプレート>
吹付けの厚さを確認するためのピンです
<エアライト断熱材吹付け工事>
<吹付け完了>
エアライト断熱材が住宅をすっぽり包み込みます。
これにより断熱と気密の両方が装備されました。




床下(土間)もエアライト断熱材で包み込みます。
白い粒が床下一面に撒かれています。
これはファースシリカという調湿材(特許取得済)です。
これにより住宅全体の湿度をコントロールします。
白い板状のタイトプレートは、保温材の一種で、
夏は冷気を、冬は暖気を持続させる効果があります。