【次世代省エネルギー基準】とは・・・・
      一言で言うと、『省エネ住宅を建てるための目安』です。

 この基準は、地域によってT~Y地区に分けられ、福井県の場合はW地区に該当します。

 この基準の中に、Q値とC値が関係してきます。

■ Q値(熱損失係数)とは・・家から逃げる冷暖房エネルギー・・『建物全体の断熱性能』を表す数値
   です。

 では、断熱の役割とは・・・
  外気と室内の暑さ・寒さの損失入を少なくする事。それによって、部屋の天井付近と床付近の温度差や、各
  部屋間の温度ムラが少なくなり、温度的なストレスから居住者を解放させ
、特に冬場においては、急激な温
  度変化によるヒートショックを和らげ、高齢者にとっても優しい環境をつくります。

 Q値は、使用する建材や断熱材の種類や厚さ、サッシの種類などによって変わってきます。

■ C値(隙間相当面積)とは・・家の隙間・・『建物全体の気密性能』を表す数値です。

 では、気密の役割とは・・・
  外気からの湿気や隙間風を室内に入れないようにする事で、外気の熱さ・寒さから家の中が影響を受けない
  ようにする事。また、反対に、家の中で暖房・冷房した空気が外に逃げないように密閉する事です。
  換気システム選びも重要です。

  C値は、使用する気密材や断熱材の種類などで変わりますが、完成後に気密測定を行う事で正確な数値が出
  ます。

  
  オール電化住宅では、断熱・気密性能が悪いと、かなり不経済な住宅になってしまいます。

  これから新築やリフォームを考えられている方々は、構造、間取り、デザインとともに、Q値・C値も会社選
  びの条件項目に入れてみてはいかがでしょうか?


高気密・高断熱のメリット
     ◎家中が同じ温度なのでストレスがなく快適!

     ◎省エネ住宅なので経済的!
     ◎結露の発生を抑えるので家長持ち
     ◎金融機関によっては住宅ローンの金利優遇もうけられます。


  で・・・超高性能住宅『ファースの家の』断熱性能を下の表で比べてみて下さい。

            ↓    ↓    ↓     ↓

  
   ※ Q値とは ⇒ 熱損失係数  = 家から逃げる冷暖房エネルギー
   ※ C値とは ⇒ 隙間相当面積 = 家の隙間

住宅の断熱性能比較(Q値、C値)
                           数値が低ければ低いほうが、より断熱性能が高くなります


大手と中堅ハウスメーカーの坪単価