【快適性能を生み出すファース専用部材】


■ コープレート
■ ファースボードK
■ エアーネット
■ エアクララ
■ AIキット
■ 専用サッシ
■ スプレート
 ≪コープレート≫と
   ファースの家の土台の下には、”コープレート”と言われる部材が挟み込まれています。この部材に
   よって基礎からの伝わる熱や水分を土台に伝え難くしています。
   部材によって土台と基礎に空いた隙間には、断熱材”エアライト”が吹き込まれ、土台そのものを内
   側に巻き込むように施工します。
   そのことで、土台が常に乾燥した状態で保たれ、
建物の寿命がグーンと延びるんです。
 ≪ファースボードK≫とは
   ファースの柱にの外側には、専用に開発されたボード状の断熱材”ファースボードK"が張られていま
   す。銀色に見えるのは、ボードの外側表面に樹脂加工されたアルミ箔が貼られているからです。この
   働きで夏の日差しをはじき返します。 ファースボードKはエアライト同様の高い断熱性で、熱を逃が
   しやすい木材部分からの放熱を防いでいるんです。
 ≪エアーネット≫とは
   屋根面にエアライトを吹付ける前に、エアーネットを貼ります。このことで、断熱材の裏側に外気を
   通し日射熱が直接断熱材に伝わるのを防いだり、屋根上の雪が熱で溶けて、ツララが出来たりするこ
   とを防ぎます。万が一雨漏りが発生した場合でも、屋根材の下地材を乾かす効果もあるので、地味に
   見えるこのエアーネットの働きは大切なのです。
 ≪エアクララ≫とは
   ファース専用現場発泡断熱材”エアクララ”です。この断熱材は大型冷蔵庫用の断熱材をファース工法
   用に改良した物で、現在現場で吹付けられている断熱材では国内トップレベルの性能を誇ります。
   最近では吹付けの断熱材が一般的になり始めていますが、 見た目がほぼ同じでも性能はまったく違う
   のです。
   エアクララの発泡体は、一つ一つの気泡が独立しているので、
湿気を通さず劣化も防ぎます。
   


   木にしっかりと接着し、地震に耐え、木材の収縮に追随し、燃え難く、高い断熱性能を持つエアクラ
   ラはファースの家の心臓部です。この大切な心臓部の施工は、ファースグループによる全国責任施工
   で行われるので、施工ムラがほとんどありません。

 ≪AIキット≫とは
   ファースの家の空気循環を快適化するのが”AIキット”。コントロールパネルにより稼動状況の確認
   ができ外気温度、室内温度、天井裏の温度、床下の温度が表示されます。万が一の故障や不具合もこ
   ちらのパネルで確認できるので、居間などの目立つところに設置することをお勧めしています。
   除湿装置は天井裏の湿度が60%前後になると自動稼動し、湿度が下がると自動的にストップします。
 ≪専用サッシ≫とは
   住宅全体から逃げる熱量の1/3を占めるのが、窓からと言われています。ですから、どんなに断熱材
   を厚くしても、魔法瓶のように完璧な気密を図っても、窓に性能がなければ、どんどん熱が逃げてい
   ってしまいます。そのため、外気の影響を受け難く、かつ室内の熱を逃がし難い性能が要求されます
   加えて、窓には日射(太陽熱)を調整する機能も求められ、日射熱を入れすぎず、反射させすぎない
   建築地域に合った適当なバランスが重要です。例えば寒冷地では、年間を通じ暖房期間が主であるた
   め、極力日射は反射させた方が良い訳です。
   ファース専用ガラスは、そのような地域事情を考慮して、地域に合わせた断熱性と日射取得(遮蔽)
   率を設定するため、特殊なLow-E加工・幅広エアースペースを用い調整しております。また、サッシ
   も上記の特殊な幅広エアースペースのガラスを納められる樹脂サッシと複合サッシ(樹脂+サッシ)
   を地域に合わせて設定しています。

   
 ≪スプレート≫とは
   家の性能を確実に確保するためには、断熱工事が大変重要になります。大工さんに断熱工事を依頼す
   る場合、断熱材を入れる専門家ではないため、現場によって性能のムラが出来ることが心配です。
   ファースの家の断熱工事は、断熱の専門家が責任を持って行うので安心できます。しかし、吹付けの
   断熱材は、吹いてしまうと実際に指定の厚みに達しているかを確認するのが難しく、方法としては針
   のようなものを刺すしかなかったのです。でもこれでは、せっかくの気密層に穴を開けることになる
   ので、穴を開けずに厚みを確実に施工する方法として、このスプレートが開発されました。

   スプレートをあらかじめ吹いて欲しい厚みに折り、吹付け下地に刺しておきます。それが隠れるまで
   吹きつけ工事を行うので、確実に厚みを出すことが出来るのです。また、現場では安全を見て多少厚
   めの施工を行うため、計算で算出した机上のデータよりも、実際施工された現場の性能が上回るので
   「思っていたより電気代がかからない」という結果になります。
   他の施工方法であれば、最初にカタログなどに提示している性能を現場で出すことは大変難しい作業
   なのです。このような小さな部材も、数字以上の快適性能と省エネ性を誇るファースの家を支えてい
   ます。