基礎工事は住宅建築の要。
   一体型構造で継ぎ目のない強固な基礎。



ESB工法 は 耐震性、防蟻・防湿効果に優れています。

 @ まず、ベース部分を打込みます。
     ※ コンクリートが完全に乾くまで
日数を
       空けるため
工期が延びます。

 A 立上り部分を打込みます。
   一回目に打ったベース部とは完全に密着しない
   ので(ゴールドジョイント)、鉄筋だけでコン
   クリートを
つなぎ止めている状態になります。

     ※ コンクリートは2回で打った場合、
       絶対に
密着しない特性を持っています。
@ベース部分の打込み A立上り部分の打込み

  【コールドジョイントとは・・】
     コンクリートの打ち込み後、相当時間が経過した層の上から次のコンクリートを打ち継ぐことで生じる不連続面。
     付着性が悪く構造上の欠陥を生じやすい。                ※三省堂「デイリー 新語辞典」より
                   
     1999年6月27日、山陽新幹線のトンネル内壁からコンクリートの接合不良部分の塊が剥落する
     コールドジョイントの事故がありました。


  【コールドジョイントとはの怖いところは・・】
      打ち継ぎ部分から水・湿気が進入し、基礎の鉄筋をさびさせます
      打ち継ぎ部分の湿気に
シロアリが集まり、コンクリートを浸食して基礎の寿命をおびやかします。

     ※シロアリはコンクリートの継ぎ目も溶かして進入することができます!



 

 1回でベース部分を立上り部分を同時に打つ一体型
 構造で継ぎ目のない強固な基礎が出来上がります!
 (コールドジョイントにはなりません)


 1回だけで施工できるので、工期も短縮できます
たった1回でベース・立上り部分が同時に完成

 
湿気・シロアリを防ぐ!
 継ぎ目が無いから、シロアリの侵入・水や湿気の染込みも防ぎます。
  ※ シリアリの侵入や水の染込みは、家にとって致命的です。
 
継目がないから強い!
 1回でベース部分と立上り部分を同時に打設する一体型構造なので
 コールドジョイントにならず、継目がなくて強い。

工期が早い!
  1. ポンプ車が1回で済みます。
  2. 人件費の削減につながります。
  3. ベタ基礎にすることにより、残土の削減につながります。
  4. 型枠の掃除が1回で済みます。

種類が豊富!
 金物の種類が豊富だから、どのような基礎形状でも柔軟に
   対応致します。
   

推奨工法です!
 特定非営利活動法人 日本住宅基礎工事業協会 推奨工法。
 「構造・地盤から基礎を考える」をモットーに活動する企業団体の
 推奨工法です。

瑕疵保証制度に対応!
 瑕疵保証制度対応だから安心です。